代表選

この選挙に勝った方が「内閣総理大臣」になるわけだから、
国民の関心も大きく、菅総理も国民に選んでほしいなんていってますが、

関係ないよね。所詮ひとつの政党の代表選。
それにしてもレベルが低く、見ていられません。

今の民主党は「誰がいけない」を問うのでなく、
「何がいけない」かを真剣に考えるべきでしょう。

民主党の党としてのありかた、
政策、
人事、
そしてこれまでの政権運営。

何がいけなかったのか?

それを振り返らないと、また人を騙すことになりますよ。

Viernes,tres de septiembre 2010

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です