想いの共有

8月になると、6日と9日が原爆の投下された日。
15日が終戦。

明日12日は日航機が御巣鷹山に墜落した日。

毎年、その日が繰り返されます。

決して忘れてはいけないんだけど、これらをどういう想いで
迎えるかは個人の経験、生きてきた環境によって大いに異なるでしょう。

時間が経つごとに個人差は広がるとも思います。

テレビや新聞では必ず特集を組みます。
NHKなど、それは秀逸であったりするのですが、

なんか違うなーって思うのです。

世代を超えて伝えるべきものはあるのだけど、
一方通行な気がして、ただこの時期を「重く、暗く」
している気がします。
これもプロパガンダじゃないかと。

多分テレビに出ている語り部は、他のことも語ってます。
細部も聞いて、どんな想いを持っているのか感じるのが大事で、
逆に、まず雰囲気ありのこの週間が辛いのです。

Miércoles,once de agosto 2010

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です