統治

個人個人が勝手に生きられないような支配をする中で、
もっとも重要なのは「戸籍」です。

ところが今の我が国極めて怪しい。

年金の非加入が6割切る。
100歳以上の老齢者の不明が多発(これはまだ氷山の一角)

自分的にはNHKの未納、低投票率、少子化なんかも同源だと思うんですよね。

納税者番号がなんでやなの?
プライバシーって何?

外国行くとパスポートが頼りで、あんなものでも無くすと大変です。
それだけ自分のIDを保証することが有益だってわかるんです。
国内だってそうじゃない?
反対するのはやましいんだよ。

話がそれたけど、戸籍を管理するのが統治です。
豊臣秀吉が多分全国域簿で最初に成功したのでしょう、
それでも、海の民、山の民は逃したといいます。

家康以降もさんざん苦労して、作った社会がいまこんな感じ。

悪いのは日教組だよ、でもそれはともかく、
みんな自分をアピールしよう!(違うか?)

Viernes,seis de agosto 2010

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です