博打

相撲の世界がなんか大変なことになってますが、
数日前、mixiに落語や相撲は博打、花街といったものと切れない文化だって
書きました。

タニマチってものもあってのもんでしょうね。

今回摘発された力士、親方だって「自分は捕まらない、だってみんな」
という意識だったと思いますよ。
これだけ数が出るってことは、よほどの変わり者(?)以外は
手を染めてたはずだから。

私は、賭け事はやらないのですがそれは
•確率的に割りに合わない
•勝った、負けたで金のやり取りをするのがおっくう
の2点で、学生の頃すでに決めていました。

借金があるから博打をやるっていうのは変な理屈で、
通常借金を増やすのが落ち、
賭け事で儲けるには、胴元をやるか八百長(イカサマ)か、

相撲協会は今地獄の一丁目ですね、
きっと自力再生はできない。
石原軍団が西武警察で事故を起こした時のような初期対応が
できてれば良かったのですが。

Jueves,diecisiete de junio 2010

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です