ひまつぶし

キューバ旅行はこれまでの旅行で一番遠く、なおかつ期間も長かったので、
「寂しくなるかな」と、iPhoneにたっぷりと歌謡曲と落語を入れていきました。
本はガイド的なもの2冊、スペイン語のテキスト、辞書。
意識して普通の本を持っていくのをよしました。

日頃、電車の退屈に新聞、雑誌、本。あわせてiPhoneを聴いています。
たかだか片道一時間なんだけど。
退屈に耐えられない、ですね。

昔は、時間の方が遊ぶものより多かったから、
将棋や囲碁で時間をつぶすもの大変貴重なものだったはずです。
子供の頃正月にいとことやった「ダイアモンドゲーム」は楽しかった。

なにかのひまつぶしにゲームをやるのはきっと有意義なんだけど、
今は、ゲームや娯楽の方が過剰で、「寝る間を惜しんで楽しむ」
様になってしまいます。
ひどいものになると、それだから仕事も社会生活もままならない。

これじゃあ「ひまつぶし」どころじゃないわけです。
ゲームだけじゃなくって、このネットもそうです。
これは「退屈に耐えられない」からなのかなと思います。

キューバで「乾き」が必要だと感じました。
お金に、物に、情報に、そして娯楽もそう。
われわれの生活は過多で消化不良です。
足りないから欲しくなる。こういう状態を意識してゆきたいと思います。

Viernes,cuatro de junio 2010

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です