キューバの思いで

ようやく日々のブログに復活しようかと思います。
ある種のカルチャーショックを受けたもので、1週間はほぼ放心状態。
今週になって日本人として再生しています(?)。

でも、こうやってペースを取り戻すことがすなわち旅の貴重な記憶を
失ってゆくことにつながるのだなと感じています。
しばらく、旅の記録や感じたことを書いてゆきます。
ゆくゆくは撮ってきた写真と文章で形に残すつもりです。
その草稿みたいなものです。
退屈でしつこい内容になりますが、どうかご容赦を。
また、文体も変えますのでおことわりしておきます。

Viernes,veintiuno de mayo 2010

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です