100円ライター規制?

旧 3月1日 先負

子供のいたずらしてでの火災が起きており、
100円ライターの安全性に悶着がおきているようです。

もっと安全な機種をだす、ただしもう100円では売れない。
それはそれで一つの手段ですが、違う気がします。

人は火を使うという他の動物を超越した技術をもちました。
おかげで、暖をとり、食べにくいものをたべたり、金属を加工したり、
土を焼いて道具にしたりと多様な利益を得ています。

その反面、火災がおきたり、人を殺す為に火を使ったりということも
あります。
管理能力が未熟なものが火を使うのは大変危なく、
それは衆人で安全を図ってきたはずだと思います。

つまり、子供が火を点けやすい道具も問題ですが、
それを管理出来ない状態の方が何倍も問題で、
ちょっと安全なライターが出回っても、
たいした効果はないのではないかと思います。

規制することより、関わる人の問題。
これはこのことだけではないような気がします。

キューバ行きまであと”16日”(トロント着は1日前)
Miércoles,catorce de abril 2010

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です