徴兵制について思うこと

旧 1月29日 大安

自民党の中で、徴兵制を考えている人がいるみたいで、
細かいことには突っ込めないのですが、若干思うところがあります。

本当の世界平和がかなうのなら別ですが、
現状各国家は軍隊を持っていて(アイスランドのような例外はありますが)、
日本だって自衛隊を持っています。
その負担を国民がそれぞれ分担するのはあたりまえで、
徴兵という提供か、税金で提供かの違いだと思います。
(租庸調のごとくね)

ただ、今の国民の理解では難しいでしょう。

仮に実現されたとして、私らぐらいより上の世代は恐らく役にたたないでしょうから
若い世代がその負担を負います。
不公平ですよね。

だからそうなる時には、非対象の老人は既得権(給与カーブとか年金とか)を
捨てて、若い人に与えるぐらいの変革しないといけないのではないでしょうか。

キューバ行きまであと”47”日
Domingo,catorce de marzo 2010

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です