ゴールデン スランバー

旧 1月20日 友引

マイミクの「はなうた」さんが日記に書いていたのに刺激され、
「ゴールデン スランバー」という映画を観てきました。

この手のものはつきあいでしか観ないのですが、
吉岡秀隆、伊東四朗、相武紗季、貫地谷しほりの、キャストに
魅かれて…。

ストーリーはやや権力への警笛がありますが、コミカルなもので、
そんなに小さくない子供が観ても楽しめるものだと思います。

で、上記のアクター(アクトレス)はそう重要な役でなく、
主役は堺雅人、脇が竹内結子、香川照之などです。

香川は嫌いじゃないのですが、最近見すぎるので食傷気味。
岩崎弥太郎をものすごく汚く演じて、一年ぐらい休んだらいいと思う。
いい役者だけど、飽きるとつまらないですよ。
その、「龍馬伝」で武市半平太役の大森南朋はいい感じでチョイ出してます。
この人大好き。

はなうたさんが書いてたけど、配役の上手さは素晴らしいと思います。
ベテランも柄本明、ベンガル、伊東四朗もいい感じをだしているし、
「ゴリさん」もとい、竜雷太なんかも。

最高傑作は、濱田岳。いいねえこの子。
「フィッシュ ストーリー」もDVDで観なくっちゃ。

肝心の内容は、まあ「お話の世界」なので、文句つけても意味がないのですが、
「カローラ」の時代設定はどんなものかと、
あれ2代目で、40年前の型です。動かないし動いても止まるよ。
(他の意味での必然はわかるけど…)

あと、先に書いたけど子供が観ても楽しめるけど、
ビートルズをね、正しく伝えてないんじゃないかと。
まあ、これは愚痴。
以上!

キューバ行きまであと”56”日
Viernes,cinco de marzo 2010

追記:
うちの実家というか親父は、1代目、2代目のカローラを所有していました。
(そのあとコロナ→マーク2、”いつかはクラウン”はなかった)
その車(2代目カローラ、ブルーだった)を河原に止めておいた時、
中学生頃の私が興味本位で動かして傷つけました。
その後のコロナも大学入ってすぐ酒気帯びで事故起こしました、
重ねてお詫びいたします。

ところで、「カローラ」”carolla”はラテン語で「花冠」、

スペイン語読みだと、カロリャとかカロジャですね。
もっともスペイン語のニュース聞くと「トヨータ カロラ」と読んでます。

(Hatena::Diaryより転載)

「ゴールデン スランバー」への2件のフィードバック

  1. 初コメント、です!
    私も大森南朋大好きです!!
    つい嬉しくなって、コメントしちゃいました。

  2. ぴれんてちゃん、コメントありがとう。
    とてもうれしい!
    彼はいい役者だよね、この映画でも存在感が無いようで、
    ちゃんと演じてる。

    ところで、上京のおりには高円寺でも吉祥寺でも豪徳寺でも
    接待しますよ、連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です