おとうと

旧 正月3日 先負

先月から勤務シフトのシステムが変わって、朝は9時出勤で一定なんだけど、
帰る時間が変化するようになりました。早い日は17時。

今までは19時だったので、2時間も早い。
それでこの前気づいたのですが、これだと渋谷で映画が1本観られる。
もちろん、有楽町や新宿でもよいのですが、渋谷はなんたって帰り道。

今日、それを実行して山田監督の「おとうと」を観てきました。
吉永小百合、笑福亭鶴瓶、蒼井優出演です。

17時に会社を出て、17時20分頃渋谷、映画館について席に着いた
のが17時35分頃、40分から上映開始ですが、当然10分ぐらいは
本編は始まらないので楽勝なスケジュールでした。

内容は、先の文藝春秋で小百合さんと鶴瓶さんの対談が載っていたので、
制作エピソードを先に知っていてしまったのですが、
それにかかわらず「山田ワールド」を堪能しました。
ハナ肇の馬鹿シリーズや「男はつらいよ」からの世界を近年の作品の中で
は、もっとも強くもっているかも知れません。
それでも鶴瓶さんのキャラか現代出来る表現の制限からか、昔程の狂気
じみたものは抑えられています。
(もっとも、昔って森崎東さんらと組んでた時代のことなので)

あたりまえのようなつくりですが、細部は凝っていてそれでいて安心して
観られて、しっかり泣ける作品です。
キャストもイヤミのない人物が揃っていてよかったです。

17時で帰れる日が、サービスデーだと安く観られるんですよね。
活用しようっと!

Martes,dieciseis de febrero 2010

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です