あまり書きたくないけど、政治

旧 12月2日 先勝

国民の大部分は世を良くする、たとえば景気が良くなるとか、
治安が良くなるとか、国際的にうまく立ち回れるとか、
そんな政治を希望していると思います。

昨年政権交代したんだけど、その原動力は反自民。
あまりに国を停滞させた政治に愛想をつかしたわけです。

決して、民主党のすばらしさに期待をもったわけじゃない。
だから、細かいことで停滞してほしくないし、
なにがなんでも前に進めていくべきです。
しかしここのとこの動き、これは検察も小沢氏も双方に見解があるのでしょうが、
うまくない感じがあります。どんよりしてますよ。

でも、これがチャンスの勢力もあるはずなのです。
なんとかしなくちゃですね、もう余裕はありません。

Sábado,dieciséis de enero 2010

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です