ちょっとしたきっかけ

旧 10月8日 大安

昨日、朝日ニュースターというCATVで、寅さんを題材にした番組をやってました。
最近は、セカンドチャンスや鬼平を観るので忙しいのですが、
こういうきっかけがあるとまたスイッチが入ります。

47話「拝啓、車寅次郎様」
46話「寅次郎の縁談」
を続けて観てしまいました。

終期のものなので、渥美さんの衰えを感じるのですが、
改めて観ると満男の新たな恋愛を追っていることに気づきました。

46話では、看護婦のみわちゃん、47話では、先輩の妹、菜穂ちゃんに恋をします。
それぞれ、寅のように終わるのですが、これが”はすっぱ”でなんとも言えません。

45話では泉ちゃん(ゴクミ)と駅でキスするシーンで終わります。
それがこうなって、48話(最終)では、また泉ちゃんが出てくるのは、
やはり最後を予期したのか、新たな展開なのかは私にはわかりません。

吉岡秀隆はいつか、寅さんに匹敵するような、
人生を描くシリーズ物を手がけてもらえないかなー
だって、まな弟子ですよ。

Martes,veinte y cuatro de noviembre 2009

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です