キリスト教(カトリック)だって近い国

旧 9月26日 仏滅

今日の「テレビでスペイン語」は最後のコーナーでベゴーニャ(講師)が、
日本の隠岐で、闘牛やカメノテ(フジツボの一種)を食用にするなど、
スペインとの共通点の取材がありました。

以前も鮮魚(ペスカード)市場が日本の河岸にそっくりだったので驚いたのですが、
ユーラシアの極西と極東は案外近いのかもしれません。

小沢さんがキリスト教について発言していますが、
カトリックとプロテスタントでも大きく違いますし、
なによりそれぞれの国家の生まれた環境、宗教などを、
単純に言ってしまうのはどうかと思います。

ものごとはわかりやすく単純がいいのですが、
(最近の経済論はこの逆ですな)
ちょっと無理解かなって思います。

Jueves, doce de noviembre 2009

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です