偉人、逝く。

旧 9月24日 友引

東宝が手がけていたサラリーマン映画シリーズ。
初期は源氏鶏太の原作で、「ホープさん」やちょっとアレンジした「ラッキーさん」などありましたが。
河村黎吉が社長を演じた「三等重役」がヒットします。
そこでシリーズ化の矢先。河村が急逝してしまいます。

三等重役で人事課長:浦島を好演した森繁に社長役が廻り、
東宝のドル箱「社長シリーズ」が生まれました。

共演者には昭和を代表する名役者、コメディアンが数多くいて、
私の一番好きなシリーズ映画です。

三木のり平さんやフランキー堺さんは順序をまたず先に逝きました。
師匠のロッパさんや盟友、山茶花究さんも待っているでしょう。

息子さんも先に旅立っているんですよね。

悲しいのですが、長生きしていただいたおかげで、
夢や記憶が永く伸びたきがします。

森繁さんといえば満州のこともあるのですが、それはまた。

合掌

Martes, dies de noviembre 2009

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です