読書の楽しみ

旧 9月9日 大安

「1分間勉強法」という本を読みました。
ビジネス指南書やハウツー本のたぐいは嫌いなのですが、
どうしても気になってしまって。

読んで大損したのですが(返品したいよ)、
書いていることは、

  • 私はどのように成功したか(それが1分間勉強法なのですが)
  • 1分間で1冊の本を読む方法
  • カラーマジックシートを使った記憶法

です。

1分間で本を読むっていうのは、結論からいうとめくるだけで、
直感で気になったところを読みなおす(記憶する)ってことです。
読んでないじゃん。

どのような本をしてこういう読み方をさせるかっていうと、
本人の推奨はやはりビジネス本のようです。

小説なんかこんなことされたら失敬ですよね。
一言一句に神経使って書いているはずだから、
いやどんな本でも一緒ですね。

私にとって読書の楽しみっていうか、醍醐味っていうのは、
集中しちゃって気づいたら部屋が暗くなってた。
そんな時がいいですね。

楽しい時間を縮めたってなんの得にもならないってことです。

Lunes, veinte y seis de octubre 2009

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です