日比谷のカメ

旧 7月26日 友引

昨日の「噂の東京マガジン」で、都内の外来生物の駆除をやってました。
特定外来生物や要注意外来生物は繁殖力が強く、
生態系に影響を与え、在来種の絶滅につながるので問題視されています。

うちの左吉のふるさと日比谷公園でもカメの捕獲をしていました。
スッポン(これは在来種)も住んでいるのですね。
でも、圧倒的に多いのはミシシッピーアカミミつまりミドリガメ。
うちの左吉は赤ちゃんカメの頃日比谷公園にいたのですが、
あれだけ大きなカメがわんさかいれば子カメもいるわけです。

やつらは別名「スライダー」といいます。
この名前はひなたぼっこしている時に人なんかの気配を感じて
水に潜るのが素早いところからきています。
うちのカメも私が帰ってくるとすさまじく動いています。
そんな臆病なカメですが、適応力、繁殖力は強いらしく、日本に多数繁殖しています。
だいたい近くの池なんかで見るのはこいつですよ。

アメリカじゃ食用になるようなんだど、食べられないのかな?

Lunes, catorce septiembre 2009

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です