ものを覚えること

旧 7月8日 友引

今朝の電車で、お酒の知識を語呂合せにした本を読んでいる人を見ました。
よく覗き込めなかったのだけど、リキュールなんかの由来や特徴を覚える本のようでした。

私は特別な資格は何ありませんが、それなりに勉強したので、
お酒の知識は持っているつもりです。
なにより以前の職場が、他品種の酒類を豊富に扱っていて、
毎日『飽きるほど』店にいたので、興味さえ持てば自然と覚えていける環境でした。

お客さんの立場だと店を見た所で滞在時間もたかが知れているし、
買って勉強するにも予算が限られるのでしょう。
でも、語呂合せしたところで本の知識は丘水練で効率が悪いのでしょうね。

逆に考えると、仕事やなにかでそんな環境を得られたら、
自分が熟練者になれるチャンスなんですよね。
昔、もう少し気づいていればと思います。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です