免許更新に思う

旧 7月7日 先勝 七夕

このところ、若干ナーバスで塞ぎがちな気分が続いていましたか、
(私には珍しいことです)
昨日あたりから随分良好です。

その昨日は、有給をとって免許の更新に行きました。
一昨年再取得して初更新です。
7月の安全週間にひとつ違反をしたので、「違反者講習」。
ちなみに、この違反は取消処分になった違反以降初です。

昔の更新は代書屋に書類をかいてもらったり、試験場でも手続ごとに待ち時間が長くやたら時間がかかったものです。即日交付が出来なかったこともありました。
昨日は、11時に府中について、講習二時間含め、13:30には免許証を手にしていました。
申請書の写真もいらなくなりました。
空き時間の暇つぶしまで持参したのですが不要でした。

IC免許になったり、コンピュータシステムが向上したりもあるのでしょうが、以前に比べ細かい各所がかなり向上したと思います。
何が変わったかってゆうと、徐々にユーザー目線になっているのです。
以前は時間がかかろうが気にせず、代書屋との癒着ぶりも気にせずでした。
そもそも運転免許の制度(教習所と試験所の並立)にも矛盾があります。
でも、ましになってきているのはいいことです。

年金だって、他の行政だって金をかけるのでなく、
ちょっと目線を変えて頭を使えば、ましになると思います。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です