結局、ブルーレイを…

旧 4月3日 赤口

順序だてて話すと、

1.JCOMのSTBをデジタルに変更(HUMAX JC-5000)
2.愛用のDVDレコーダ、SHARP DV-HRD1変調をきたす(動作時の異音)。
また、このレコーダはJC-5000とはi.link接続不可能であった。
(JC-5000で受信したものを録画するにはCPRMでDVD-RWが必要、コピーワンス)
3.DV-HRD1を分解し異音はDVDのドライブであると判断。
4.互換性のあるものとの交換を検討。
このドライブはPIONEERのDVR-104RZ
ヤフオクでDVR-104PB(MACに付属のドライブ)を入手。
5.基盤を移植してつけようかとも思ったが、見たところ基盤に違いはなく、
プロセッサーなども同じ型なのでそのまま取り付け(それでもカバーやトレーは移植)
結果、ドライブは認識され、再生は問題なし。
しかーし!!
録画が3秒で止まる。

もう分解、組み立てはつかれた。

6.なので、新しいのを買うことを決意。
アクオスブルーレイレコーダ、BD-HD22発注。

ということです。
まあ、DV-HRD1も6年強使って、焼いたDVDは1000枚を大きく超えますから、
良く働きました。

ネットの情報ではBD-HD22とJC-5000(これがくせもの)とのi.lnk接続例が報告されていたこと。
同じSHARPなのでDV-HRD1ともi.linkで繋がるのではとの期待をもって決めました。
(ちなみにSHARPのサイトでは接続を保証していません)

目論見どおりだと、STBと合わせ500GB、ダブルチューナーになります。
もちろんダビング10。

あさってあたり届くので、設置後に再度ご報告。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です