来た!、定額給付金

旧 3月1日 先負

「定額給付金給付リストのご案内」
「定額給付金 申請書」

が来ました、確認して振込口座を記入して返信すればよいようです。
この文書の作成や、振込手数料、係る人の人件費が4から5%程度かかるようですね。
中小企業で働いていると、振込手数料に泣かされます。
たまの取引で数千円の請求でも、手数料が何百円かかります。
それでも現金でやりとりできない距離だと仕方ないです。

税金との相殺(還付)にすればそれが圧縮されるのですが、
今回は「定額」と「給付」にこだわってます、さすが公明党。

だったら現金で配ればいいのですが、それはそれで混乱するでしょうね。

「定額給付金」ってやつ
遅れすぎて、その上拙稚すぎて結果、印象に残る政策でした。

さーて、12,000円なんに使うか。
振込まれたものは、引き落とさせよう。

というわけで、楽天市場の「ワイナリー和泉屋」で10周年特別セットなんてものが
あったので発注してしまいました。これで9000円

残りはサウンドハウスでスティックでも買おうかな。
お足が出ちゃう。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です