ケーキ売り

旧 11月27日 先勝

私、若い頃はクリスマスケーキの販売をさんざんやりました。
その部門は(私のとこでは『パン』だった)普段の何倍もの売上があって、
毎年実績を増やさなくてはいけないのです。

予約をとって引き換えるのであればリスクはないのですが、
そんな上品には売れません。
当日分を注文して、店頭で叩き売り状態。

当時(20年ぐらい前)はバタークリームやチョコの日持ちするケーキが多く、
(スポンジ台は冷凍物)
うまいものではなかったのですが、まあ売りまくっていました。
でも値引きしながら売り切るので、利益はほとんど無しって年も多かったです。

今日感じたのですが、会社近くのローソンでも、高円寺やつつじヶ丘のコンビニでも
ほぼ全店で従業員がサンタのコスチュームでケーキの販売をしていました。

近年はメーカー品でも、チルドの美味しいケーキで、種類も多くあります。
販売の中心もスーパーからコンビニにシフトしているのでしょうか?

リスクの高い店頭販売はコンビニに似合わないような気もしますが、
惣菜の延長で、集客プラス利益商材なのでしょうか。

明日も観察しましょう。

(Hatena::Diaryより転載)

「ケーキ売り」への4件のフィードバック

  1. どれみさん、コメントありがとうございます。

    怒濤のクリスマス、お疲れさまです。
    下北沢はさぞかし人の多いことでしょうね、私は通過するだけ。

    今日は見学できなかった、また来年。

  2. ちゃうちゃう、繁忙期は新宿にいるのさ。

    下北沢は最近、人出が減ってますね。
    街が死んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です