K-20 怪人二十面相・伝

旧 11月24日 仏滅

久しぶりに映画を観てきました、珍しくアクション映画。

ドラマとしては陳腐な設定ですが、アクション娯楽としてはとてもいい出来で、
こういう映画を観るのも悪くないなと感じました。

ストーリーは怪人二十面相に仕立てられてしまった元サーカス団員、遠藤平吉(金城武)が
本物の二十面相を探し出すというもの。
明智小五郎役が仲村トオル、その恋人羽柴葉子役が松たか子、
他キャストに、國村隼、高島礼子、大滝秀治、鹿賀丈史など。

VFXが「三丁目の夕日」を手がけた白組で、やはりレトロな街並みを演出していました。
ただしこの物語は架空の時代設定なので、リアルに復刻ではなくファンタジーであります。

意外と「もう一度観たい」と感じています。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です