「だんだん」のリアリズム

旧 10月15日 赤口

マナカナの主演で見続けている「だんだん」ですか、
どうも脚色が甘いようです。

  • ミュージシャンとしてプロにスカウトされる程うまくない
  • 双子だからってそうそう簡単に入れ代れるものか

先週の金曜の回では、ライブハウスでめぐみが弟にギターを渡され、
ステージでのぞみと共演するシーンがあったのですが、
チューニングもしていないし、ケーブルも繋いでいません。

だいいち、リハーサルなしに歌うなんて、通常は厳禁です。

細かいことですが、リアリズムを破ると陳腐になってしまうのですよね。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です