CHANGE

旧 10月8日 大安

アメリカの次期大統領が決まりました、「初の黒人」バラク・オバマ氏です。
共和党のマケイン候補にダブルカウントの勝利です。

オバマ氏の演説はわかりやすいですね、英語が超苦手な私でもおおよそ聞き取れます。
これはヒスパニック系などの非英語圏出身のアメリカ人にもわかりやすいはずです。

質は違うのですが、田中角栄の演説も、大きな声で、ゆっくりと、単純に説明していました。
「にっぽんれっとうのー
各都市にー
高速道路とー
新幹線をー
通して、繋げたらー
どうなります!

それが、列島改造」

なんて具合です。実際「日本列島改造論」読んだらデタラメな話なんですけどね。

話はそれましたが、表題の通りチェンジです、政権交代。
政権交代した方が、国民が政治に関心を持ち勉強すると思います。
日本は、55年体制以来、実質的には政権交代していません。
細川内閣、村山内閣というものがあったものの、本物じゃないです。
おまけに、後世に汚点を残しました。(あーまたそれる)

社会党で土井たか子さんが党首のころ、実際に政権交代の可能性がありました。
僕はその頃、一番本を読んだ気がします。
もともと、政治経済は得意だったのですが、
日本の政治経済は、自民党ですからね。

左翼政党、の本当の歴史や姿なんかはその頃憶えました。

チェンジって、そういう地味なエネルギーが結集します。
活力です。でもひとつ忘れちゃいけないのは、エネルギーは炭酸ガスを出します。

大統領が変わって、日本への影響はなんてニュースで解説していますが、
チェンジを宣言している大統領です、これを機によくすればいいのです。
予断や偏見を与える報道はいけません。

それにつけても残念なのはブッシュとライスの「最後っ屁」の北朝鮮への制裁解除です。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です