ショックだった南田さん

旧 10月7日 仏滅

昨日から始った、テレ朝の新番組「報道発ドキュメンタリ宣言」で、
南田洋子さんの認知症の闘病、ご主人の長門裕之さんの介護についてのドキュメンタリーが放送されました。

南田洋子さんと長門裕之さんについては過去にこのブログでも触れています。
十代の性典 – たけいちろうの日記
マキノ雅彦 – たけいちろうの日記

放送を見る限りでは、南田さんは自分が誰であるか完全には失っていないようですが、
失っている部分も多いようです、感情や行動にも病的なものがみられます。
病身の奥様をあえてテレビに映したのは、
「隠してもさぐられる、憶測で言われる」事を危惧した長門さんの決断です。
有名人ならではの身の処し方かもしれません。

元気でいる頃、女優として輝いている頃の南田さんの映像をまじえての番組なので、
「老い」というものをリアルに悲しく感じました。

最後の方で、長門さんを玄関まで見送る南田さんが出てきます、
非常に状態の良いときらしいのですが、
見送った後の言葉、表情はまるでドラマのワンシーンのうようでした。
すべてがお芝居なら…

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です