麻生内閣

旧 8月25日 友引

今日、麻生総裁が内閣総理大臣になり、新内閣を組閣しました。
三度目の秋です。

前にも書いたと思うのですが、私の子供の頃は総理大臣=佐藤栄作でした。

私が生まれたのが1963年
佐藤内閣は、1964年~1972年という8年の長期政権。
物心がつき、「総理大臣」なんて言葉を知る頃、ずーと同じ総理でした。

私が10代になってすこし詳しい社会科を習う頃には、「三角大福」時代でした。
(順序は、角三福大)この4人で約8年。

そして麻生総理の義父の鈴木善幸、中曽根康弘と続きます。

以上の7名の中で鈴木総理以外は派閥領袖です。
社会党の勢力、選挙制度など今の時代とは簡単に比較できませんが、やはり重みがありました。

今回、上記の中曽根氏のジュニア入閣です。
ハマコウの息子も入閣。

小渕優子も入閣ですが、彼女が国家でどんな実績上げてるかは知りませんが、
この年(34)で入閣って絶対実力外なんだから。
(ところでテレビが小渕元首相の「平成おじさん」のビデオ流すのはどうかと思いますね。
親父さんはそれなりに立派な政治家、茶化してはいけません。)

ほかにも沢山いますが
やはりこのご時世に世襲議員の当用が多いのは少し疑問です。
(中川昭一や鳩山邦夫とかは味方だからしかたないですし、他にいないと言われれば…)

総裁候補では
石原は幹事長代理で、与謝野、石破入閣ということは小池百合子だけ干されたんですね。

なんにしても解散したら、みんな民意を示しましょう。
絶対投票してください。

(Hatena::Diaryより転載)

「麻生内閣」への2件のフィードバック

  1. 民主党の公約が本当に実行されるのなら、
    民主党に投票するのですが現実問題、
    可能かどうか(高速道路無料化等)検証が出来ないのが
    悩ましいところですね。

  2. チンクルさんいつもどうも。
    特別財源(埋蔵金)を一気に財源にできれば拍手なのですが疑問ですね。
    なにしろ、大臣っていっても小沢以外はシロウトでしょう。

    ただ、問題は政府より役人なんだからそのために政権交代は効があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です