意外なもので気づく物価高

旧 8月20日 先負

台風が近づいていますが、ここのところは気温も下がり冷房もいらない日々です。
暑くない季節は、私の主食はおでんとうどんです。

なので、そろそろおでん復活しています。
そこで、スーパーで材料を買おうとすると、練り物が昨年より大幅に値上がりしています。
もっとも、値上がりしたのは昨日今日の話じゃないのでしょうが、
季節が来て気づくわけです。

練り物の材料は、主に白身魚。
かつては江戸前の魚などで造っていたそうですが、現代は遠洋漁業で収穫した冷凍材料です。
燃料費の高騰がもろに影響します。

理屈はわかっていても、安くておいしいおでんがなあー、って感じです。
これまでのデフレ時代は安くて良質なものもありましたが、
偽装米のごとく訳ありも少なからずでしょう。
(その米の安全性うんぬんは別)
これからもそれなりの安いものは売られるでしょうが、信用性は厳しくなるでしょう。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です