経済

旧 8月17日 赤口

エコノミーから「経済」って言葉を創造したのは夏目漱石だそうで…。

さて、アメリカの大手証券会社の倒産で、いったん凪だった経済がまた大きく揺れそうです。
背景や規模こそ違え、日本のバブル崩壊にそっくりになってきました。

ソ連が崩壊したころは、「自由主義・民主主義」最高!を再確認したつもりが、
市場経済のこの危うさはなんだろうと思います。

実際の資本主義は、自由経済って言葉を変えても、競争第一、効率主義です。
トヨタを見ればあきらかですよね。
それでも、全体及び個が拡大しているうちは不満がでません。
競争に勝っている間はね。
それが、飽和するとダメです、いまそんな時代です。

エネルギーの飽和? 違います。
資本主義の飽和です、でもこれをマルクス主義で解決しようとした動きは失敗しました。

高燥な考えが地球を動かせばいいのですが、人口が多すぎますね。
もうどうしょうもないんです。

でも、アメリカの危機に日本が「個」をもって接すれば、
他国も考えを変えれば、チャンスはあるかもしれません。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です