原油高騰と温室効果ガス

旧 7月18日 赤口

森永卓郎氏によると、いまの原油相場高は近いうちに暴落に転じるそうです。
ありえなくも無い話だと思います。
かつてのオイルショックの頃から、
原因を原油の絶対量からくる(枯渇を予期した)需給のように感じさせておいて、
実は戦争であったり、投機であったりです。
エネルギー輸入国のコストが高まる分、投機筋と産油国にお金がまわっているのです。

原油高で、ガソリンその他が上がって日本人も苦労しています。
ドライブを減らしたり、ハイブリッド車が売れたり、旅行は電車にしたり、
庶民レベルでエネルギーの節約に励みます。
二酸化炭素の発生も減らすので、『エコ』。
我慢している分、『地球にやさしい』。

さて、森永氏のいうように原油相場が暴落したら?
元の生活に戻します?
もし戻ったら、『エコ』と『地球にやさしい』はどうしたらいいのでしょう。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です