携帯の電池

旧 7月16日 仏滅

満月が見えたり黒い雲におおわれたり、稲妻が見えたり、忙しい夕刻です。
今年はセミの声が少なく、もう秋の虫が鳴いていますね。
異常気象は間違いないです。

炭酸ガスの排出量を減らしましょう。
そんなバカな!

さて、携帯の電池を替えました。
機種変して1年10ヶ月、でも半年で失くして再入手したから今のモデルは1年4月程使ってます。
この数ヶ月で充電の具合が悪く、電池パックが膨らんできました。
この十月で機種変して2年だから、そこまでもたせてi-phoneへ…、それはないけど。
ぎりぎりまで使おうと思っていました、しかし、しまいにはカバーが膨らむほど電池が膨張。

ソフトバンクショップで事情説明。
その時の担当の女史は申し訳ない、交換します、交換の電池が今無いので入荷しだい交換します。
とのこと、伝票も、保守交換、費用ゼロでした。

入荷を聞いて交換にいったら、今度の窓口は男子でした。
(『女史』と『女子』意識していますよ、だから『男子』ふんでください)
電池をだして、マニュアル通りなのでしょう、
「電池パックは充電の回数が多かったり、過充電で寿命が縮まります…」
ひときしりそんな話をして引き渡しです。

私は通常3日に一度ぐらいしか充電しません、なにしろ使わないから。
ただし最近は、電池の持ちが悪く、1~2日に一度していました。
もっとも最近では、急にノーバッテリーになったり、充電が完了しないでライトが点きっぱなしとか。

考えると、使い方で電池の寿命が縮むというか、
電池が悪くなると、充電がうまくいかず、膨らんできたりするのでしょう。
昔の機種より小さいバッテリーで、容量(持ち時間)は大幅に増やしているのだから。
そんな歪みがでるのでしょうね。

なまじ電池変えちゃったからあと1年は使えるか。
i-phoneはいらない。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です