たばこ1000円時代 その3

旧 5月23日 先負

たばこ1000円問題が色々な識者やブログでとりあげられています。

今日はたばこ嫌いの立場を抜けて消費の話。

試算が出ているけど、増収になっても、その分は他の消費にまわせなくなるわけで、
変わらない可処分所得を、民への消費にまわる可能性を税にもってかれるわけです。

可能であれば(これ、レジスタンスだと思う)
やめたり、減らしたりで今より少ない支出になれば、余剰のお金を民へ消費できる。

民需拡大を妨げるのは税も原因なんです、ガソリンでよくわかるでしょう。
でも必要だから、というならもっと工夫しましょう。

税収が増えても、タバコやめない人は毎月数千円から万の単位でお金が使えなくなるのだから。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です