食料サミットの利害

旧 4月30日 先負

イタリアのローマで「食料サミット」が開催されています。世界的に高騰する穀物、不足する食料についての世界会議です。

福田総理も出席して例によってお金と物の提供を表明したようです。
でも、今後重要なのはこれは国策、戦略になる問題なのですよね。
おそらく、アメリカやブラジルとは相入れないでしょう。
中国ともしかり。
自国を守る考えが必要です。

日本は米に関しては世界有数の歴史、文化、技術を持った国です。
ありえない緯度での米の栽培を成功させ、それが優秀な品質であります。

でも、減反に次ぐ減反、経済的な優位性での外国食費の受入れで、かなりダメになりつつあります。
でも間に合います。

難しいこといわず、瑞穂の国を復活させましょう。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です