革命でもおこす?

旧 3月21日 大安

昨日の晩(日付は今日)朝まで生テレビで労働問題を議論していました。新しい貧困の問題なのですが、なんか「社会が悪い」って決めつけているやつらが多くて資本主義の世界を勘違いしていると思います。
社会保障ってのは困った人にほどこすもので、甘ったれるものではないのです。また国家に予算がなければ保障もなにもありえません。
富裕層と貧困層の格差とか嘆くより、上も下も国家の繁栄の為頑張るべきです。

それか、革命をおこせばいい。うまく機能すれば、国家の富が平等に配分されるから。

日本電産というところの社長が、
「社員全員が休日返上で働く企業だから成長できるし給料も上がる。たっぷり休んで、結果的に会社が傾いて人員整理するのでは意味がない」
というような発言をして、今連合とかから叩かれています。

この発言のニュースを見たとき、全くその通りだけど、世間に向けるのはまずいなと思いました。
いうなら、社員相手に、「私の考えはこうだから同じ思いならついてきてほしい、そのかわりこの言葉と会社の将来には責任をもつし、給料も君たちの期待にそえるようにする」と。

堕ちていく恐怖、危機を感じてどうするか、最後は自分しかないのですね。

しつこいようですがほんとに困ってる人は別ですよ、それはみんなで守らなくっちゃ。
ただ、その基準は?っていうと、私は少し厳しく考えていいと思っています。

(Hatena::Diaryより転載)

「革命でもおこす?」への2件のフィードバック

  1. 犯罪が多くなったのは社会や政治が悪いとは思うところはあるけど、貧困の問題で「社会が悪い」っていうのは、チンクルも少し違うなぁって思いますよ。
    テレビで「ネットカフェ難民」や「若くしてホームレスになった」連中の話を聞いていると全員では無いですが、こいつらは なるべくしてなったと思ったりしますよ。
    本当に困っているなら借金があろうが無かろうが1度、家に帰って土下座をしてでも親に頭を下げ、そこからやり直せばいいんですよ。

    大抵の奴は「家だけには帰りたくない」とか「この仕事は俺に向いてない」とか、そんな甘っちょろい事を言ってますよ。

    そんな連中に救いの手は必要無いと思いません?

  2. チンクルさん、コメントありがとうございます。

    ほんとにそう思います。
    甘えとこだわりは違うし、
    自分が社会を選ぶのではなく、社会(他人)が自分を認めてくれるかが大切ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です