人たらしの政治家を

旧 3月10日 赤口

後期高齢者医療制度(長寿医療制度)が出だしからつまずいています。
マスコミの報道の仕方にも大変問題がありますがね。

取られる、取られるって扇ぎたててる。
でもかつて高齢者の病院好き(病気でもないのに好き)を報道したのもマスコミ。
それと、今日から年金からの天引きが始まったのも騒いでる。
私も給料とりだから、天引きされる少し残念な気分はわかるけど、一度手に入れたお金を申告して納めるよりは数段ましだと思っています。

お年寄りが、振込み、払い込みする手間よりは天引きの方が負担が少ないはずです。

なによりもこの制度も、衆知が足りないです。これはこの前書いた裁判員制度も同じ。
日本人は法律も、権利も義務も空気のように感じているところがあって、能動的には動きません。

それじゃ、ダメだよっていうのもそうなのですが、
この国民を動かさなくてはいけないのではないのでしょうか?

田中角栄が今でも人気があることや、小泉人気。これは大衆を動かす魅力だったのだと思います。
小泉さんの政治が、今の問題になっているのもあるのですが、
たとえ不利な状況でも、彼なら福田や小沢のような不器用な対応はしないと思います。

「得しているのに腹が立つのと、損しているのに喜んでいる」
為政者の才能は事実よりも気分を動かすことです。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です