ニッポンの未来は

旧 2月25日 友引

4月1日なのでウソでも書きたいのですが、ブログ自体がウソっぽいし、ネットの話しって真偽がわかりませんよね。

で、今日も社会派ネタ。
今日、4月1日かた「後期高齢者医療制度」がはじまりました。75歳以上の高齢者は別の保険制度になり、その保険料も徴収する(基本的には年金から天引)するというものです。
前評判が良くなくて、当日になって総理の指示で「長寿医療制度」と名前を変えたそうです。
言葉の言い換えは何も本質を変えませ。あいかわらずわかってない人です。

今日のガソリン値下り狂想曲を見ていて思ったのですが、2世、3世の議員なんて若い頃から自分のお金で(財布からお金を出してキャッシュで)給油したことない人もいるんじゃないかと思います。
ガソリンの出費で頭を悩ませるのは、家庭をもって車が必需の人と、事業で車を使う人(これは規模の大小問わず)です。痛みがわからないのに今なにが起きているか、想像することもできないのでしょう。

話がそれました、対象の後期高齢者(75歳以上のお年寄り)は1300万人いるそうです。人口の1割です。
高齢者は増加しています、団塊の世代がいま還暦近く、10数年後は後期高齢者です。
老人への福祉を以前のようにやっていくのは厳しい環境です。

ですが、ただ徴収を増やすという今回のやりかたは知恵もなく、老人も混乱すると思います。

なんでもそうですが、グランドデザインがわからない。
総理大臣になる人ってそれぐらいでできると、思ってました。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です