タスポ

旧 1月22日 仏滅

日経BPにコラムを書いている花岡信昭さんという方がいます。
国政の問題などにわりあいまともな事を書かれるので、私は好んで読んでいます。

その花岡さんが「タスポ」発行で怒っています、怒り具合は日経のサイトを見てください。
タスポとは、たばこを自販機で買う時に使うIDカードで、7月からはこれがないと自販機でたばこが買えなくなる予定です。
仕様は顔写真入りのICカードで、日本国内で生活する資格がある成人という証明ができれば無料でもらえるそうです。
発行の予算は900億円とのこと。

花岡さんの怒りとはちょっと的が違うのですが、約一兆円はどこから出るか、もちろんたばこの売上です。
ご存知のとおりたばこの売上は税金の塊です。だから税金を使っているようなもの。

最近更新した方なら知っていると思いますが、今の運転免許証はICカードです。
(ごめんね、私は昨年更新じゃなく新規取得です…、それもICカード)
免許取得者はそのまま運転免許を使えば支出が減ったと思うのですが、違いますか?

・タスポ側には、運転免許の番号と年齢情報を伝える。(未成年の免許はシステムで使用不可にする)
・免許を持たない人にはタスポを発行。
・タスポの仕様は運転免許に合わせる。

基本的には物を売り買いするのに何か証明が必要な経済って良くないと思っています。
それと、タスポという取り組みが未成年の喫煙防止にどれだけの効果があるかも疑問です、
多分ほとんどないでしょう。

だから、これはシステム開発にかかわる利権にしか見えないのです。

(Hatena::Diaryより転載)

「タスポ」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です