毒入りギョウザ

中国で製造された冷凍食品で中毒がでました。該当はコープ販売、ジェイティの関連会社の輸入品でしたが、その後加ト吉、味の素、江崎グリコなど続々と商品回収を発表しています。テレビのニュースでは商品名を列挙して口にしないようにと呼びかけています。

こうなると、多くの人は商品名を確認するより「中華人民共和国」で製造されたものは控えますよね。

メーカーの責任、厚生労働省の責任も重大ですが、この問題には食品の自給率、農業のあり方、食品加工、流通のありかたなどが根本的な原因としてあります。

今回もサーっと表面だけでほとぼりがさめれば事が終わるのでしょうか。稲作で国体を維持してきた国にしては、情けない現実です。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です