バンデミック・フルー

NHKで、「感染爆発-バンデミック・フルー」というドラマをやっていました。
新型のトリインフルエンザが変異して、トリ~ヒト感染、さらにヒト~ヒト感染になったときの怖さを描いています。

新型なのでワクチンはありません、開発に数ヶ月かかります。タミフルで対応しますが、インフルエンザは更に変異してタミフル耐性をもってしまいます。
交通機関が高度に発達して、グローバル化されたされた世界でインフルエンザはあっという間に広がってゆきます。

これは決してドラマの中の話ではなく、いつでもおこりうる話みたいです。
ウィルスと神様の気まぐれがどこでスイッチを入れるかだけかと。

たちの悪い感染病の流行は戦争と同じです。危機に国家や自治体、そしてなによりも我々がどう行動できるか、覚悟が必要だと思います。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です