酒とライブの日々

規模や質でいろいろありますが、金曜日から今日まで何かしらのライブを観たりかかわったりしていました。もちろん音楽のライブ。

金曜日はお友達のオカリナユニット「Debby」が参加するライブが荻窪であったのですが、Debbyの演奏には間に合わず他の奏者を観賞。
杉並区役所の職員さんたち中心のライブパーティーだったのですが、酒もすすみ後半のセッションではじっとしていられず「一曲叩かして」とドラム演奏。
その後は、オカリナバンドの井門元の案内で阿佐ヶ谷で飲み。朝まで阿佐ヶ谷、カラオケ唄いまくりー。

一夜?明けた土曜は大久保bump cityで身内の「スリーモンキーズ」のライブ。これは僕はスタッフ(PA)。大好きなガソリンズの二人も見に来てくれて、ゆったりゆるゆるのライブの後は皆で新宿でカラオケ。
カラオケは無政府状態。書けません。
でも2日続けてTOKIOの青春(ドラマ「歌姫」の主題歌)を唄ったゼヨ。

で、日曜日はわれわれが「クリパ」と呼んでる、音楽仲間の毎年恒例のクリスマスパーティー。いくつかバンドがでて演奏するのですが、僕もひとつのバンドでドラム。
でも、それよりも昨日はサンタのカッコしてやった「エアサックス」に開眼!練習しよう、来年もやるぜ、いや今週末もやるぜ。

本日、四日酔いで仕事に出かけ、帰りに渋谷でマイミクの「奏でやさおり」ちゃんのライブ。これはきっちりした演奏で良いロックでした。
さすがに長居はせず帰ってきましたが。

まあ、でもいい年してこんなんにかかわってられるのが楽しいです。僕は音楽とお酒と映画以外はたいした趣味を持っていませんが(ゴルフ、釣りなんかもしないし、麻雀やパチンコなどの賭け事もいっさいやりません)、楽しく生きています。

ところで、年金の公約で騒がれていますが、「最後の一人、一円まで」ってこれは精神論です。公約だといっても真に受ける方が間違ってませんか?
たとえきちんと機能しているシステムでも誤差がでます。最後の一人とか一円とか100%ってありえないのです。

とにかく言葉尻よりもこれをどげんかせんとあかんわけで、
僕は思うのですが、厚生労働省に特命で長妻さんを入れてチームを組んだらいいんじゃないかな。保険やデータ管理の専門家も入れる。
今の役所の人間のままではダメです、舛添さんが「誰がやってもできない」みたいなことを言ってましたが、今の役所だからできないのです。

もっとも民主党のバカ三羽烏(O、H、K、ね)はそんなこと認めないでしょうが、政権交代も大連立も、手段が目的に勝ってしまい、時間ばかりかかって結果がでないでしょう、きっと。
党利党略を捨ててそんな事ができれば、誰が言い出せば希望が持てるのですがね。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です