外国語と関西弁とバカ

今日の産経新聞の投書欄で、韓国人の留学生のもので、
「私は留学生だが、日本人は私を見ると英語で話しかけたり、日本語を使っても子供に話すような調子で話しかけられる。私は日本語を勉強しに来ていて、日本語も出来るのだから日本語できちんとコミュニケーションしてほしい」というような一文がありました。
全くそのとおり、もっとも反省すべきなのは同じアジア人で英語を使おうという事です。日本は英語圏でもアメリカの属国でもないのだから、日本に来た人は(アジア人ばかりでなく、英米の人も)日本語を使うべきです。
それが、友達であるとか。来て間もない人ならお互いで工夫してコミュニケーションとるのは大切です。でも、目的をもって日本に来てるなら日本の母国語を使うべきです。

亀田のアホ息子と、朝青龍の謝罪会見がありました。
朝青龍は言葉の問題もありますが、やはり外人なのだと思います。曙、武蔵丸の頃から昇進時の口上もロクに言えない者を大関、横綱にしてきたのです。日本人が納得する話し方は無理です。
ただし、親方はもう少し振る舞いようがあると思うのですが、この人は生涯、朝潮大ちゃんなのでしょう。
今度は、高砂一門からの理事も九重親方(千代の富士)に替わるそうですし、朝潮は人目につかないところでパイロットシャツでマイペースを貫いていただければと思います。

亀田のアホ息子ですが、若いからしかたないという言い方もありますが、周りはこの連中に「敬語」を教えるべきでしょう。やくざだって勝新だってもう少しまともに話します。
関西弁が耳につくから?
いや、関西弁でも柔らかく言えばきれいになります。大阪弁できたなく話す、吉本の一部の人間からの悪しき影響を感じます。
まあ。どういでもいいですが。

(Hatena::Diaryより転載)

「外国語と関西弁とバカ」への2件のフィードバック

  1. 亀田親子、なんとかなりませんかね、
    あの話し方。本当にひどい。

    それに、私には今の日本人の、特に若い方々の話し方が、気になるのです。それだけ、年取ったのかもしれませんが、聞きたくないし、話もしたくない。
    子供の付き合いで若いお母さん達と話すのも辟易しています、そういう毎日です。

  2. コメントありがとうございます。
    しょこたんは好きだけど、しょこたん語ダメです。
    年々流行語も…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です