平成の大連立

自民党と民主党の連立構想がご破算になりました。
とてつもなく拙稚だったからしかたないですね。

もしやるなら、
自民党は公明党と別れ、民主党は左派(特に菅直人)を切って保守系の考え方の人達で連立すべきです。

それか、民主党が左派を切って、国民新党との連携を深め、真の二大政党を目指す。
憲法、国防などの基本政策では近い立場でいる。

ここ一連の小沢代表は、自衛隊の海外派遣を政治の手段として悪用しました。
ここに来て、恒久法作りの方向でで話が一致しているんじゃ、現場の自衛官もやりきれないでしょう。

(Hatena::Diaryより転載)

「平成の大連立」への2件のフィードバック

  1. 理想とする政党というか、非世襲議員の会派があるといいかなって思います。もちろん能力も必要です。
    なににしても、国防、憲法を真剣に考える人達が組んでほしいです。(福島瑞穂だって真剣だというかもしれないが違う)

    首相になったら…、ないからねそんなの。

  2. 武壱楼殿が理想とする政党とは?及び、仮に武壱楼殿が日本国首相となった場合の各大臣の人選とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です