東宝キャスト

「二人の息子」 1961年 東宝

元校長ながら今では職を失った父親、大卒でサラリーマンの長男、大学にはいけず運転手をしている次男、タイピストを目指す末妹。それぞれの運命がはかない事でどんどん狂っていく様を描いたドラマです。

父親が藤原釜足。長男、宝田明。その嫁、白川由美。次男、加山雄三。妹、藤山陽子。
妹に求婚する長男の上司が小泉博です。

悲劇なのですが、最後に気持ちの光明がさすような、松山善三らしいシナリオです。

最近、日活じみている為か東宝ボケしてて、このキャスティングがどうも東宝特撮を感じてしまいました。
いい話なのに…。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です