web2.0というけど

メーリングリストでも、掲示板でもコミュニケーションとしては相当な機能を持っていると思うのですよ。その気になれば。
昔の文通や雑誌の投稿欄、ラジオへの投稿なんかに比べると、質も量も向上した個人利用のメディアだと思うのです。

「web2.0」って言われてる(言われてた?)けど、それは参加型のインターネットで、それを利用した各種サービスをさすらしいです。きちんとした定義はないみたいです。

私の勘ですが、このコミュニティという点では、発展よりも衰退がおこる気がします。全体的な「しらけ」が来るような。あくまで勘ですよ。
ただ単に「楽しい」って時期は過ぎて、あれば便利だけどそれ以下でも以上でもないってのが大半だとしたら。
たとえば、vistaの登場を喜んでいるのが昔の秋葉の層に近づいていて、大半のひとはxpに不満も、満足も感じていない。

「PCっていうのがそんなに有意義なものじゃないんだ、少なくとも普通の人に。」
やっとそんなことを見直してくれるようになるのでは、と期待しているのですが。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です