ウォーターレタス

今朝のワイドショーでやっていたのですが、大阪の淀川などで、「ウォーターレタス」が大繁殖して生態系を破壊する危惧がもたれているそうです。
ウォーターレタスといってもレタスとは違い、正式名は、ボタンウキクサ。サトイモ科の植物で食べられません。葉を巻く見た目がレタスに似ているということで、食べられもしません。

ちなみに調べててはじめて知ったのですが、レタスはキク科、キャベツはアブラナ科の植物なんですね。恥ずかしながら同じ科だと思ってました。

さて、前述したように、ウォーターレタスは川のいたる所で帰化(この国で定着、繁殖)し問題になっています。元はアフリカの植物のようですが、日本は住みやすいのでしょう。もっとも日本の気候は大概の植物には天国です。

この「ウォーターレタス」は「特定外来生物」に指定されているそうで、栽培や運搬が禁止されています。でもそうなったのは今年の2月からで、その前は園芸用などで普通に販売されていました。「育てやすい水草」というウリでした。指定は遅かったのです。

どうでもいいけど「スーパーモーニング」取材が甘いです。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です