まともな神経をもとう

10日前に書いたことの繰り返しです。

政治家でも、テレビのコメンテーターでも、「核兵器の議論すらいけない」という人はまともじゃありません。これってその人を測るいいバロメーターになっていると思います。

「日本は核兵器を持つべきでない」という人はまともです。結論は同じでも、はなから議論すら否定する人は危険です。とっても崇高で絶対的な価値がある(これがもう宗教的だけど)ことでも、違う価値の国、違う時代からみればなんの意味もなしません。今未履修の問題がおきているけど、歴史をみればあきらかでしょう。

どんな時代でも、どんな国家でも、自国の平和は大切だけどそのために多くの戦争をおこしています。こちらに正義があれば侵略だって悪い事ではありませんでした。それが言語も文化ももたない(と思っていた)人間たちを開放し正しい宗教に目ざめさせることができるのですから。

福島瑞穂や山崎拓なんてのは、政治家をさっさと辞めて「日本平和教」とか作っちゃえばよいのですよ。経典は「日本国憲法」スポンサーは”ゆきお”、広報は”なおと”。”こういち”も参加するし。そうそう友好教団は創価学会です。

くわばら、くわばら…

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です