議論をしないことは

なんでも、盲目に善悪を決めることはよくないと思います。
宗教的に信心があれば別です。

日本が核兵器を持つことを議論する、あたりまえの話です。なんで否定する人がいるんでしょう。
あっそうか!と思うのは、「平和憲法教に信心しているから」かということ。この教団は土井たか子、福島瑞穂などが幹部で、かつては村山富市なんて人が団長でした。
宮沢喜一も熱心な信者で、その弟子の加藤紘一も信心深い人です。おかげで家が焼けました。

絶対善とか絶対悪を決めつけて政治運営するのは、前近代的な国家や、絶対主義と変わらないと思いませんか?

話したり、考えたりするべきなんです。
人を殺す事がなぜいけないのか?
近親相姦がなぜいけないのか?
(この二つの問題が人類の歴史でどのように扱われてきたか、考えてください)

もっというと、悪いことと良いことの境界線はどこなのか?
それを、ダメなものはダメと封をすることは、思考の停止です。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です