藤岡琢也

藤岡琢也さんが亡くなりました。腎不全だったそうです。なにしろ私のページのプロフィール画像の人物です、悲しいです。いろいろな病気を抱えた76年。お疲れさまです。

今年の4月に書きましたが、
http://www.takeichiro.com/060405

藤岡さんは結核で片肺をなくしています。渥美さんと同じです。それでも、弱々しくは見えずむしろ肥満に見える方だから、若い頃はエネルギッシュな脇役が多く、よく走ったりしていました。
植木等を特集した番組で、古沢憲吾監督についての話だと思ったけど、「藤岡ちゃんはころんで思いっきり頭をぶつけてOKがでた」というような話をしていました。

関西弁のちょい悪役は特に似合いました、一番下っ端のチンピラではないのだけど、やや頼りないやくざ。勝新と田宮二郎の「悪名」シリーズにも登場します。

社長シリーズでは、フランキー堺と三木のり平の降板のあと、この人や小沢昭一、谷啓などがその穴を埋めます。社長シリーズでは三木、フランキーの存在感が絶対のため、この後期の作品は評判がいまいちですが、「社長えんま帖」の
ポール・花岡(日系アメリカ人):藤岡琢也
富田林営業部長:小沢昭一
はなかなか良い出来ですよ。

小説・吉田学校の「廣川弘禅」役も良かった、タヌキとあだなされた人物を好演しています。まじめな話この映画は今の時代みるべきです。
あの麻生外相のお母さんが夏目雅子だとは…。

話がそれましたが、また名優が旅立ちました、合掌。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です