三田の図書館

昼休みに三田の図書館に行くことが多いのですが、映画の本のコーナーは特に通っています。この前までは渥美清関係を手にして、大概は読んでしまいました。

黒澤監督始め、監督に触れたもの、監督が書いた書籍は多いのですが、私は役者さんが好きなので役者さん関係を探します。

今、読んでいるのは「市川雷蔵」
梨園の人で、雷蔵を襲名しながらも、映画の道に進み、大映の最盛期に活躍し、37歳でこの世を去った役者さんです

大映の最盛期、勝新、山本富士子、若尾文子、川口浩などとの関係やいろいろな監督とのエピソードを知ることができています。

時代劇はあまり観ないのですが、眠狂四郎にも目ざめるころかな?

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です