利家と一豊

事情があって観られなくって、二週間分まとめて「功名が辻」を観ました。秀吉が亡くなって、徳川が天下を狙いはじめる頃のストーリーです。
「利家とまつ」の唐沢寿明がそのまま利家の役で出ています。このドラマには本来利家の役はなかったそうなのですが、唐沢が上川隆也への友情出演として出ることになり、大石静が台本を書き換えたということです。

企画としては面白いのですが、何か違うなと感じました。それは周りの役者とのバランスなのですね。「利家とまつ」の時とキャストを比較すると。

秀吉:香川照之→柄本明
家康:高嶋政宏→西田敏行
ねね:酒井法子→浅野ゆう子
淀 :瀬戸朝香→永作博美
三成:原田龍二→中村橋之助

淀の瀬戸と永作は互角ですが、全体に「功名が辻」の方が重量級です。ただしこれはこの場面のキャストなだけで「利家とまつ」も別な場面では丹波哲郎や里見浩太朗、松平健なども出ていますから誤解しないでください。

結論でいうと唐沢の参加は”うけ狙い”としても中途半端で、なおかつバランスも欠いていて、いただけなかったかなと。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です