国連事務総長

国連事務総長に韓国の候補が決まりそうです。これがどういうシステムで決まるのか全く知らなかったのですが、いやいまでもわかっていないのですが、候補の国を聞いてびっくりしました(全部国です、候補者の名前は調べてません)。

アフガニスタン、ラトビア、ヨルダン、タイ、韓国、インド、(スリランカは辞退)
なんかそこが物騒な国や、周りが物騒な国じゃないですか?だから選ぶのかな?クーデターほやほやの国だってありまっせ。
安保理の理事国からは選ばないというルールがあるそうです。うーんそれも関係してるのですかね。理事国で選ぶと日本の国会の議長のような名誉職になりかねないですもんね。

さて、アジアでは、ミャンマーのウ・タントさん(任期:1961年11月-1971年12月)以来だとか、東アジアでは初だそうです。日本との間に多少の問題は抱えてますが、こういうことになると良いことだなー賛成します。

ところで、僕の中ではデ・クエヤル(任期:1982年1月-1991年12月)という名前を一番先に覚えた気がします。その前のヴァルトハイムさんの頃はニュースを見ていなかったのでしょう。
総理大臣が佐藤栄作からの記憶に比べると世界への関心が相当遅いですね。我ながら困ったものだ。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です